senboku

8月 252017
 

北海道果樹協会は毎年各支部持ち回りで開催している全道果樹生産者研修会が25日、今年は増毛での開催で全道の果樹生産者ら約140人が増毛に集結しました。

午前中は3か所の視察。一番目に当果樹園のブラムリー圃場。今回のテーマが「加工」の話題を中心していているため、加工用、調理用品種と言うわけで、E1と簡易に呼ばれていたブラムリーを視察です。

他に、出来上がったばかりの山口果樹園加工施設「果樹工房・凛」とシードルと現在ジュース工場建設中のホリタック。

午後からは増毛町文化センター大ホールに場所を移し、中央農試加工部長田村氏の基調講演「北海道産果実の加工技術と事業化の可能性」と題しての講演がありました。

次に私のプレゼンテーション「調理用リンゴの可能性:ブラムリーの原木を訪ねて」と題して30分の講演をさせていただきました。

他にも道農政部道南農試技術普及室から猫塚氏の「果樹生育経過と今後の重点技術対策」の講演が行われています。

終了後は、道果樹協会青年部が独自に研修会を開き、菊地果樹園のブドウのマンズレインカット視察と当果樹園の堆肥舎を視察、各地の意見交換会などを行い、解散となりました。

【追記】お恥ずかしながら留萌新聞にデカデカと載りましたので、アップしておきます。

28日付日本農業新聞北海道版にも載っております。

8月 232017
 

デリシャスの斑点落葉病がひどく、殺菌剤を散布しました。

圃場への移動中に、蓋があいていると忠告TELが携帯にあって、焦った。発車前にはチェックしましょうね。

【りんご(I畑K畑のつがる・デリシャス)】 1タンク
殺菌剤:アンビルフロアブル 1000倍

8月 152017
 

シンクイムシが発生していると普及センターからの注意喚起FAXがあって、早めに防除しようかと思い14日に決行しました。しかし14日の早朝は露が多く、水分がうっすらになった9時過ぎから開始。

残り2タンクは午後からになりました。13時前、雲行が心配だったので豪雨レーダーを確認すると暑寒別岳頂上付近でやや強い雨なのがわかりました。

まぁ、風はやや西寄りだったので午後も続行。一タンクかけた直後、霧のような感じになってきたので、一応機械を停めて様子を見ると、ザーザーと本降りの雨。結局14時台から19時台にかけて5ミリの降雨となりました。

降雨直後に豪雨レーダーをみると、暑寒沢に雨粒は写っていませんでした。低い雲がかかったための降雨だったのかもしれません。午後からの一タンクは、ムダになった感じなので、仕方なく15日に一タンクをかけなおしています。

教訓、雨雲レーダーや豪雨レーダーに映ってなくても、しっかりした雨が降る場合もある!
はい。私のSSの音を聞いていたご近所からは、「はんかくさい」や「ざまーみろ」「バカでねーの?」「露が多くて効かネーべや」など、心の叫びが聞こえてきますが、まあ教訓として捉えたいと思います。

【リンゴ・梨】 4タンク
殺菌剤:オーソサイド水和剤:800倍
殺虫剤:スタークル顆粒水和剤 2000倍
Ca剤:スイカル 1000倍(リンゴのみ)

15日 上記殺菌剤と殺虫剤を梨のみに散布しなおし1タンクとプルーンにも。

【梨】 1タンク
殺菌剤:オーソサイド水和剤:800倍
殺虫剤:スタークル顆粒水和剤 2000倍

【プルーン】 1 タンク
殺菌剤:オンリーワンフロアブル 2000倍
殺虫剤:スタークル顆粒水和剤 2000倍

8月 092017
 

8月9日、留萌に配達の帰り道鮮やかな夕焼けが日本海に染まりました。時刻にすると19時頃で日没時刻を過ぎてなお赤くなり、お空の雲が燃えるように見えました。こんな夕焼けは、めったに見られませんよー。

残念ながらコンデジも持っておらず、仕方なくスマホで撮りました。沿道には車を停めて写真を撮る人があちこちに居ました。

8月 082017
 

今年の立秋は8月7日。阿分神社と鳥居の延長上の水平線に夕日は日没する。

参照:2017年5月5日夕日ハンター@阿分神社

数年前に発見したが、毎回曇ったりして実際に立秋の日没はまだ目撃できていない。今年はどうかな?予報では6日7日は曇り。となると5日がラストチャンスか?
5日、地元Sさんから神社の扉を開けてもらう手はずを取って行ってみました。すると北海道新聞の留萌支局長も来られていた。増毛町長にも来てくれていた。

水平線は雲があるけれど、マズマズの写真が撮れた。

で、7日づけ北海道新聞地方版に記事が載る。ちなみに記事の写真は道新支局長の撮影です。

7日午後HBCテレビから連絡があって、立夏の時の映像と加味した取材をしたいとの連絡があり、今年はの立秋7日の夕刻、また神社に行ってみた。HBCのWカメラマンが待っていた。また、新聞を見てこられた方が3名来られました。

気恥ずかしいながらオレの撮影模様を取材。翌日の8日の「今日ドキッ」で放送されました。

その立秋7日のオレの写真はこちら

神社には関係ないけれど、利尻島が見えていたので、阿分港から一枚パチリ

8日、放送されるのを録画しておいて、またも行ってみると、昨日も遠くから来ていた女性が来ていて、何枚も写真を撮って行かれましたね。

阿分神社はやっぱり立夏と立秋の日没方向を意識して造られていると改めて確信しました。次回は雄冬神社を検証してみたいとおもいます。

8月 022017
 

増毛町農業委員会会長として初の出張公務。8月2日午後2時から遠別町役場にて、留萌地方農業委員会連合会の臨時総会が開かれましたので、役場職員1名とともに参加してきました。

各農業委員会がメンバー入れ替えされ、留萌管内の会長らも入れ替わっているため、連合会の役員を改選するための会議でした。
結果、連合会会長には、留萌農業委員会の野原さんが就任することに決まり、以下副会長と監査を決めました。

2時間かけて行った遠別での会議は30分で終了し、トンボ帰りで帰ってきました。

8月 022017
 

サクランボの南陽とリンゴなどに薬剤散布しています。

最近スマホの放電が速すぎる。でもキャビンだったら充電しながら薬かけできます。

【さくらんぼ】 0.6タンク
殺菌剤:ファンタジスタ顆粒水和剤 3000倍
殺虫剤:アデオンフロアブル 2000倍

【りんご・梨・プルーン・桃】 5.5 タンク
殺菌剤:ストロビードライフロアブル 2000倍(最後の0.5タンク梨には3000倍)
殺虫剤:ダイアジノン水和剤 1000倍
Ca剤:スイカル 1000倍 りんご、一部プルーン

午後から遠別へ出張後帰宅が早かったので、夕方今度はSSを替えでブドウに散布

【ぶどう】 1.5タンク
殺菌剤:オンリーワンフロアブル 2000倍

7月 282017
 

阿分神社の向いている方角は、立秋と立夏の日没する方角に向いていると、自分なりに大発見していたのだが先日、雄冬の神社を計測すると、阿分神社同様に計算された方角を向いていることが分かった!

阿分神社関係はこちら参照

8月5日@阿分神社

夕日ハンター@阿分神社

例によってGoogleEarthで雄冬神社と鳥居の延長を直線でトレース。すると294.34度。
この地点の日没する日はと・・・・Keisanの日の出日の入り計算から割り出す。

すると今年は8月6日である。今年の立秋は7日であるが、立秋の近似値の日に雄冬神社の鳥居の延長上の水平線に日没することがわかった。
先日、雄冬神社に行ってみた。

郵便局への坂と、神社の階段と並行していなく、ちょっと不自然な方向

 

鳥居は2か所。お祭り直後だったらしく、周囲はきれいに草刈されていた。

 

 

立派で格式あるな神社。

正面から海を見てみるとこんな感じ。

この鳥居の真ん中に立秋である8月6日、日没するであろう。

次回に行った時は、漁師さんから船のコンパスでも借りて実際に方角を計測してみたい。