8月 072018
 

去年、阿分神社同様に雄冬神社も立夏と立秋の時に日没する方角に向いていると去年気づいた。今年の立秋は本日7日だが、きれいな夕焼けが期待できた昨日、雄冬まで車を走らせてみた。

やっぱり思った通り、境内にあがって振り返ると、真正面に夕日が来た。鳥居は何度か建て替えられているそうだが、同じ穴に立てているらしい。石垣の上のわずかな平坦部分に神社は建てられていて、鳥居と境内のスペースが狭い。

でもやっぱ、正面から夕日が差し込み、水平線がまぶしすぎる。HDR機能をつかって3枚を合成してみた

7月 282018
 

港まつりの花火大会。少額とはいえ私どもも寄付しましたし、いい写真撮りたかったので増毛港に行ってレンズを向けてみました。
なかなか思うような写真が撮れないまま、終わっちゃって残念でしたが、会場は盛り上がっており、帰る車の渋滞が印象的でした。

7月 222018
 

サクランボは晩生種に差し掛かってきましたが、まだハウス内にはサクランボは有ります。

さて、今夕は夕焼けが綺麗な感じだったんで日没前に別苅港へ行ってみました。別苅のローソク岩は古今東西大変珍しいとおもうのですが、あまり注目されていませんね。で、夕陽の時のローソク岩は逆光となり普通に撮ったのでは黒くつぶれてしまいます。

そこでHDR機能を使ってそれぞれそ露出の違う3枚の写真を合成し、ありえないくらいの色調整して現像してみましたので、ご披露いたします。

奇岩、ローソク岩をもっと広めよう!

7月 172018
 

17日夕方20時頃、雲があったものの水平線スレスレは晴れており、北側には利尻富士が夕焼けに映えていました。久しぶりに三脚を携え、増毛港に行ったもののあまりシックリこなかった。

で、仕方なく以前にも何度か撮った通称天谷の坂へ。上り車線が増えるあたりから、シャッタースピードを15秒とか30秒にして撮ってみたところ、なかなか良い写真が撮れましたので、披露いたします。

バイクが一台国道を下りていきました。

乗用車

上り下りの車両

島にかかる電線が邪魔なので消してみました。

6月 112018
 

PCの待ち受け画面ってか背景画面がマンネリで飽きてしまったので、何かないかなと私の写真ライブラリーを片っ端から見直していたら、ロンドンで何気に撮った一枚が意外とイイので、コレ今の背景に使っています。
写真クリックで等倍角となりますから、宜しければあなたのPC背景画面にどうぞご利用ください。

2016年3月11日7:36、ロンドンのセントパンクラス駅前で撮った一枚てす。

3月 312018
 

更新がすっかり放置状態でしたが、写真は何枚か撮っております。3月に撮った写真をアップしておきます。

3月21日の暑寒別岳

ズームしてみますと、山岳スキーのシュプールがたくさんありました。今年はさすがに中央のくぼみに挑戦した人はいないみたい。(こちら参照2017/3/13投稿

同じく21日夕刻に、畑から沢に上がって行くと、カラスが後方を飛ぶのを感じ留まった樹の方向を見るとカラスではなくクマゲラでした。イヤーっ久しぶりにクマゲラに会えました。

3月25日、13:40頃、月が昇っておりましてちょうど南下する飛行機が来たっ。もしかして月と機影が重なるのか?と期待しましたが惜しくも残念。

トンビが近くを旋回していたので、一応撮りました。これまた月とは別方向で飛んでいて、ありふれたトンビ映像ですが、意外と目にピントが合っていてなかなか良い写真がとれたかと。

以上、3月末をしめっくる投稿といたします。

1月 112018
 

今朝久しぶりに晴れ青空です。望遠レンズつけてカメラを持って出かけると、居ましたオオワシ。

やや逆光で遠い。トリミングしてようやく

灯台を取り巻く木々の雪化粧がきれてでした。

で、古茶内に行って見ますと今年もオジロさんがいました。しかもすごい近くで撮れたので、感動です。

12月 312017
 

2017、平成29年酉年も大晦日となりました。
昨日もちょこっと晴れ間がありましたが、本日もイイ天気。せっかくなので、酉年の鳥の撮り納めしてまいりましたのでアップしておきます。

今年もいろいろお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

10月 272017
 

直売場横の永寿川にある我が家のモミジが真っ赤に紅葉し見頃真っただ中でしたので、一眼レフで撮ってみました。

去年は赤くなった時に大風がやって来て、楽しむ間もなく葉っぱが無くなってしまったのですが、今年は今が絶好調の見頃です。

逆光だったり光の具合で、いろんな色彩が楽しめます。

 

【11月1日追記】

あっという間に、紅葉は飛んでしまい・・・・

【11月2日追記】

 

【11月4日追記】

 

 

8月 092017
 

8月9日、留萌に配達の帰り道鮮やかな夕焼けが日本海に染まりました。時刻にすると19時頃で日没時刻を過ぎてなお赤くなり、お空の雲が燃えるように見えました。こんな夕焼けは、めったに見られませんよー。

残念ながらコンデジも持っておらず、仕方なくスマホで撮りました。沿道には車を停めて写真を撮る人があちこちに居ました。

8月 082017
 

今年の立秋は8月7日。阿分神社と鳥居の延長上の水平線に夕日は日没する。

参照:2017年5月5日夕日ハンター@阿分神社

数年前に発見したが、毎回曇ったりして実際に立秋の日没はまだ目撃できていない。今年はどうかな?予報では6日7日は曇り。となると5日がラストチャンスか?
5日、地元Sさんから神社の扉を開けてもらう手はずを取って行ってみました。すると北海道新聞の留萌支局長も来られていた。増毛町長にも来てくれていた。

水平線は雲があるけれど、マズマズの写真が撮れた。

で、7日づけ北海道新聞地方版に記事が載る。ちなみに記事の写真は道新支局長の撮影です。

7日午後HBCテレビから連絡があって、立夏の時の映像と加味した取材をしたいとの連絡があり、今年はの立秋7日の夕刻、また神社に行ってみた。HBCのWカメラマンが待っていた。また、新聞を見てこられた方が3名来られました。

気恥ずかしいながらオレの撮影模様を取材。翌日の8日の「今日ドキッ」で放送されました。

その立秋7日のオレの写真はこちら

神社には関係ないけれど、利尻島が見えていたので、阿分港から一枚パチリ

8日、放送されるのを録画しておいて、またも行ってみると、昨日も遠くから来ていた女性が来ていて、何枚も写真を撮って行かれましたね。

阿分神社はやっぱり立夏と立秋の日没方向を意識して造られていると改めて確信しました。次回は雄冬神社を検証してみたいとおもいます。