9月 302006
 

 お客様より「プルーンの情報がない」とのご指摘がありましたので、現在のプルーンの状態をお知らせいます。
 今年のプルーンは例年より甘さが強いように思います。品種によっては果実が多少硬くても十分美味しい品種もあります。人気の高かった「パープルアイ」や「チェーアン」は終わりました。赤みのプルーン(品種名がよく判らない)も終わりました。ジャー現在は・・・・・
【ローブドサージェン】
 樹がまだ小さく数本しかないため、収穫量が少なく、残り約10kg
【スタンレー】
 昨年多くを伐採したため、残りは約30kgほど。しかし、今年のスタンレーは例年よりもはるかに美味しい。
【バーバンクグランドプライス】
 毎年樹になっていながらにして腐って行き、満足に収穫した記憶無し。しかし今年は少雨のため、十分に収量がありました。在庫小量
【ベイラー(写真)】
 苗木分を収穫済み。まだまだなっていますから、これからも十分あります。
【くらしまプルーン】
 樹が小さいので、少量ですが、これから収穫予定。
【プレジデント】
 今後収穫予定。
【シュガー・サンプルーン】
 まだ収穫していませんが、すぐにでももげます。数量は十分あると思います。今年は一段とおいしい。定番だけど根深いファンがおられて10キロ単位で買われるかたもおります。

 今年のプルーンは、6月の天候不順(長期間のジメジメ)がたたった為か、肌がカサカサになる「サビ果」が多く出ております。しかし、味には影響がなく、むしろサビ果の方が美味しいと思います。プルーンは、外観にとらわれないで、果皮色の濃い実を選ぶのがコツです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)