12月 082016
 

12月4日をもって増毛線が廃止となりましたが、12月3日、4日にJRを撮ったので、その写真をアップします。撮影には私しか撮らないだろう場所、つまり近くは誰でも撮るだろうから、あえて列車から離れてしかも増毛の鉄路にとっては欠かせない港や海を入れるように意識して撮影場所を選んでみました。

12月3日の模様 増毛港より
20161203-6r0a8624

増毛港突端の赤灯台から望遠で朱文別や阿分瀬越を狙ったが、300ミリズームレンズでは貧弱すぎで、列車を発見できないまま夕方になってしまった。
20161203-6r0a8738

気が付くと引き返してきた列車は増毛駅に着いており、遠くばかり気にしていたオレの最大のポカであった。深く反省。
晴れていれば暑寒別岳が雄大に見えたであろうこの景色。もっと以前に撮っておくべきだった。
20161203-6r0a8750

暗くなった前日の増毛駅
20161203-6r0a8818

灯台の光線と重ねられるのもあと一日・・・・
20161203-6r0a8824

夜間の中歌。ヘッドライトも物寂しい輝きだ
20161203-6r0a8879

いよいよ12月4日、ラストランを控えて日中の模様

やはり暑寒別岳は曇って頂上まで見えなかった
20161204-6r0a8952

釣り人の背中も寂しく
20161204-6r0a8973

昔はあの辺まで砂浜の海水浴場だったかな?
20161204-6r0a8978

陸橋には大勢のカメラマンが撮影中
20161204-6r0a8999

これは赤灯台から望遠で狙った阿分神社通過の様子。昨日はこれを狙ていた
20161204-6r0a9018

阿分漁港に行って、増毛行きを撮ってみた。あとから気が付いたが阿分の墓地が写っていて、ご先祖様も最後の汽車を寂しく見ているのだろうと思うと、なんだか申し訳ない気がした
20161204-6r0a9079

阿分神社通過。プロのテレビ取材者らしき人影も
20161204-6r0a9088

海とトンネル。波が高い
20161204-6r0a9114

増毛港に戻ってくると、ほどなくして留萌行発車となった
20161204-6r0a9135

船と汽車、あえて白黒にしてみた
20161204-6r0a9147

上の白黒と対比すると、時代の変遷をしみじみ思う
20161204-6r0a9159

ライトラン一本前。霞でややぼけた三日月
20161204-6r0a9226

灯台の光跡と写したのはこれが最後の写真となった
20161204-6r0a9235

そしてラストラン一本前の列車は発車した
20161204-6r0a9252

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)