4月 022016
 

wp2016-04-02-02 wp2016-04-02-013月13日日曜日朝は霧が立ちこめていた。霜が降りるほどの低温にはなっていないが、すぐ向かいの赤レンガ住宅がかすんで見えていた。今日はスザンナさんのお父さんであるサー・ジョン・スターキーさんが、午前中スターキー農場やブラムリー原木を案内してくれる予定となっている。朝、映画007シャワーを浴びた後、朝食にしましょ。

wp2016-04-02-03 wp2016-04-02-04暖炉のあるお部屋でイングリッシュスタイル朝食だ。お客は私一人。スターキー農場のりんごジュース。パンも数種あるし、バターや手製ジャム、コーンフレークも選べるし、もちろんコーヒー紅茶サービス。なんとも贅沢な空間だ。この雰囲気作りはスザンナさんの作品なんだろうと想像する。ちょこと残したのは申し訳ないのだが。

wp2016-04-02-05 wp2016-04-02-07いきとどいた掃除や朝食を給仕してくれたのは、管理を任されているオリアさんだ。彼女は、スザンナさんが載った新聞を見せてくれ、記事をそのまま読んでくれた。まぁ、記事の英語は私にとって難しい単語だらけなので、読んでもらっても私にはほとんど理解出来ないのだが、母親が絵本を読み聞かせているみたいな気分がした。

荷物をパックして茶の間?のソファーでスターキーさんが来てくれるのを待った。来客ノートが置いてあって、ペラペラめくると2014年8月に日本人女性が宿泊していた。
wp2016-04-02-06

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)