4月 062016
 

wp2016-04-06-01

ブラムリー原木を見て、再びスターキー農園にやってきた。昔使っていたトレーラーが畑の隅に置いてあった。

wp2016-04-06-03スターキーさんは、果樹の加工にも力を入れている。今度は倉庫内を見せてもらった。ブラムリー単独ジュースやブレンドジュース、コンポートなど、倉庫内の別室にて加工製造している。

wp2016-04-06-04 wp2016-04-06-05りんごを加工するクラッシャーや充填器、タンクや殺菌槽など機械がそろっていた。最近、注目されているのが袋入れジュース(Pouch)だ。容量は150ml。飲み口を破ると、ストローが埋め込まれている。

倉庫を出てすぐそばにスターキーさんが重要とする樹が植えてある。

wp2016-04-06-06

ノッティンガム大学がオリジナルブラムリーの芽を培養して作り上げたクローンのブラムリー。接ぎ木でも挿し木でもない、オリジナルブラムリーと同じDNAだそうだ。原木がダメになったとしても、しっかりDNAを保存するためだ。

2009年ブラムリー生誕200年の記念式典がサウスウエルであった時、The Bramley Apple SongのCDが制作された。その歌はスターキー氏が作詞。
wp-1459976460365.jpeg

スターキー氏はまさにThe Bramley Apple Manなのであった。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)