3月 292016
 

wp2016-03-28-10-20 wp2016-03-29-01B&Bとは、ベッドと朝食(Bed and Breakfast)の略。3月12日土曜日の宿はウイロビーハウスB&B。
WILLOUGHBY HOUSE B&B)。経営者はスザンナさんだ。

スザンナさんとは日本を出発前にブラムリーファンクラブを通してFacebookでつながり、今夜の予約となった次第。(スザンナさんはロシア出張のため、今回は会っていない)場所はNorwellと言う小さな集落で、商店街とか無いみたい。のどかな村のイメージだ。乗馬する方もいるようで、道路に車に踏まれた馬糞が落ちていた。今時馬糞なんて、ひどく懐かしい。

wp2016-03-29-02 wp2016-03-29-03案内された、私のお部屋は「Bobby’s Room」。階段上がって1階(日本式では2階)のキングサイズベッドのお部屋。昔、ボビーさんが使ってたのかな?と思わせる机があった。

wp2016-03-29-04 wp2016-03-29-05ここのB&Bはさすがスザンナさん、女性のきめ細やかなお部屋づくりとホスピタリティー。バスローブが用意されているし、バスルームは映画007に出てくるようなガラス張りのシャワーだよ。鏡にはお化粧落としのグッズまで用意されていた。

wp2016-03-29-06B&Bだから夕食は基本的に出ない。時差ボケなのか夕方になってもお腹は減らないが、300メートル離れたところに食堂兼パブの「PLOUGH INN」があるから、夕食はそこに行くようにとスザンナさんからメールを受けている。日本人が行くと先方に知らせてあるらしいので、夜道を歩いて行ってみた。

wp2016-03-29-07 wp2016-03-29-08昼間のgoogleストリートビューはこんな感じなんだけれど、夜道は誰もいない。静寂の中を一人コンデジ持って歩いている日本人が一人。おそらくかなりの不審者だよ~と思いつつ、PLOUGHの入口に着いた。別のお客さんが待ち合わせて入店するらしいタイミングで、お先に~とドアを開けた。店内に古い写真が飾ってあって、馬の時代から営業しているらしい。

wp2016-03-29-09ではビールを戴ましょう。イギリスでは冷え冷えのビールは出てこない。かといって「ぬるい」って程でもない。まぁ温度は普通の水道水並みか?日本ではビールは冷え冷えが美味しいのは、間違いない。しかし、苦みは薄いが深みがあるイギリスのビールは、冷えてなくても美味しいと私は思う。お腹冷えないしネ。
土曜日の夜と相まって、お店は沢山のお客さんでにぎやかになってきた。マスターは小さな集落だけれど、お客さんがよく来てくれると、話していた。

お客さんの一人がカウンターに座っている私にわざわざ声をかけてくれて、日本のどこから来たのかなど聞かれた。もうこの時点で私の英会話は臆する事はない。マスターともいろいろなお話をした。

<wp2016-03-29-10

結局ビール3杯飲んで、B&Bに帰って来たのでした。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)