7月 192016
 

19日霧雨だったり雲が多かった一日ですが、夕方水平線に雲の隙間ができました。
夕方留萌に向かうとき、利尻が見えているなあと思っていました。留萌から引き返すと、貨物船が出向し南下していく模様。コンデジで浜中付近でパチリ。
face2016-07-19-9

もっと望遠欲しいね。って訳で急いで帰宅し一眼レフのカメラバックもって、天谷の坂に着いたときには、船はすでに利尻島とずれていた。

20160719-6R0A6228

船と島の重なりを求め、車で追いかける。船は意外と速い。北日本水産あたり。夕日はすでに半分沈んでいた。

20160719-6R0A6231

なんとか船と島が一致しました。

20160719-6R0A6234

納得いかずさらに別苅方面に移動し、古茶内下に降りていくあたり小樽間内からパチリと

20160719-6R0A6243

水平線あたりでは、イカ釣り船らしき船影も見えてました。

20160719-6R0A6251

7月 182016
 

18日は雨降ったりして日差しはなかったんですが、留萌帰りの夕方ちこっと雲の隙間からまぶしい太陽光がさしました。礼受付近で羽を干しているウミウ発見。写真撮ってみました。

20160718-6R0A6210

20160718-6R0A6216

20160718-6R0A6219

7月 172016
 

留萌のパートさんを送った帰り、毎日のように撮り鉄をしています。17日はJA出荷がないので、いつもより早く終わったので留萌発増毛行き下り列車を撮ることができました。

阿分神社で
20160717-6R0A6105

朱文別のフルーツ看板と
20160717-6R0A6133

マリーナから
20160717-6R0A6145

増毛到着時には、列車に乗ってきたらしいマニアの方々が皆カメラを向けていた
20160717-6R0A6151

折り返して今度は留萌行登り。カモメも見送る
20160717-6R0A6157

7月 132016
 

イギリス旅行でカメラ持つ気力を使い切っていましたが、やっとこ一眼レフをもって、夕焼けや列車を撮るエネルギーが蓄えられました。
Facebookにはちょこちょこアップしていますが、出来のいいのをHPにもアップしていきます。

昨日12日、古茶内からの映像。HDR映像です。

20160712-6R0A5840-HDR

7月 112016
 

サクランボ収穫のパートさんが留萌から数人来ていただいておりますが、朝夕留萌まで送迎しておりまして、その帰りに「撮り鉄」しています。
7月9日は、信砂から

70年前の1946年(昭和21年)3月14日:礼受駅 – 舎熊駅間の信砂川橋梁で、下り列車最後尾の客車が雪害により脱線し河川中に転落。死者17名、負傷者67名。

その慰霊碑が現場付近にあって、撮ってみました。増毛線の悲しい歴史がそこにありました。廃線が決まり、あと数か月で列車は来なくなります。この碑に刻まれた受難者たちは、どんな気持ちでいるのかなあ、と思いを馳せてみました。

fb2016-07-09-1

fb2016-07-09-2

fb2016-07-09-3

5月 142016
 

昨夕ミツバチを一旦果樹園から遠くに移して、今日と明日の二日間で、防除することになっています。
本日14日は朝から快晴。一日中風もなく暑寒別岳がきれいに見えていた一日でした。
wp2016-05-14-01

wp2016-05-14-02さて、果樹園では一斉にSSをうならせてりんご花前防除とサクランボ満開直後、梨の防除を殺菌剤に限って散布しております。当方の防除組合で、私にSS(スピードスプレイヤー)の順番が回ってきたのは15時半頃で、本日はりんご・梨のみ散布し、サクランボは明日に持ち越します。

【りんご】 3タンク
殺菌剤:アンビルフロアブル 1000倍
【梨】 1タンク
殺菌剤:アグレプト水和剤 2000倍

また、14日北海道新聞朝刊留萌宗谷版にもサクランボ開花記事
wp2016-05-14-03

1月 242016
 

投稿をボツにしようと思ったんですが、せっかく快晴の中撮影してきたんでアップします。
暑寒別岳がキレイに見えていて、青空全快。
20160124-6R0A5241

オオワシでもいないかと、歩古丹に行ってみましたが、残念。大別苅で飛んでいたのは確認したんですけど。

20160124-6R0A5243

で、大別苅の風景は、まずはローソク岩

20160124-6R0A5256

岸壁のミニミニ灯台?が凍り付いて髪の長い女性像に見えた

20160124-6R0A5250

写真の色をどぎつく調整してみると・・・

20160124-6R0A5254

オオワシがいなかったんで、増毛港に戻り

20160124-6R0A5306

いつものオジロさん

20160124-6R0A5288

20160124-6R0A5283

港内にはシノリガモ

20160124-6R0A5309

20160124-6R0A5291

1月 152016
 

快晴となった今朝、増毛アメダスでは今季最低のマイナス13°(05:20)を記録しました。
青空となった朝方、オジロちゃんはどうしているだろうと、中歌から箸別に行ってみしました。
すると、中歌には灯台側に1羽、造船あたりに1羽のオジロワシを発見。

20160115-6R0A5109

箸別の国道沿いには2羽のツガイのオジロが留まっていましたねー。

20160115-6R0A5089

20160115-6R0A5120

もう少し朱文別よりにはオオワシも留まってましたが、近づくとすぐに飛び立ってしまいました。

20160115-6R0A5149

しかたなくオジロのほうに戻ってみるとタイミングよく一羽が飛び立ってくれました。

約150枚ほどのシャッターきりましたが、この写真がベストかと

20160115-6R0A5203

9月 282015
 

日中、土砂降りがあって瞬間的にアラレもあって、とても天候が悪かったのですけれど、夜になって雲の合間からお月様が顔を出しました。本日9月28日は満月。しかも月の公転で一番地球に近づくスーパームーンだそうで、大きさが最小の月の1.1倍(大きさで100円玉と5百円玉の違いがあるらしい)、明るさは3割増しの月だそうです。
では、300ミリズームで撮って、トリミングしたお月様の写真です。

20150928-6R0A3048

9月 132015
 

日没が早くなってきました。もう18時頃には日が沈みます。さて、夕焼けが一段と奇麗な季節なんですが、時々撮っています。

9月1日の夕陽
20150901-6R0A1090

日没後に船が入港
20150901-6R0A1142

9月7日の夕陽
20150907-6R0A1152

20150907-6R0A1171

8月 302015
 

 ちょと前の私のFacebookネタですが、サクランボ時期に留萌のパートさんを送り迎えしていましたが、その時帰りにJRの写真、いわゆる「撮り鉄」をしてたんですね。いつもは18時頃を目安に留萌増毛間のあちこちでパシャパシャしてたんですが、ある時残業で遅くなったんです。
 南町まで行っていたから、もしかしたら大和田でJRを撮れるかもと、向かいました。で、パシャ!

20150727-6R0A0214

まぁ、可もない写真ですが、それにしても随分錆びた鉄橋ですねー。コストダウン優先のJRなんだべなあと、近くて鉄橋を撮ってみました。

20150727-6R0A0234  20150727-6R0A0239

やっぱりサビだらけ。塗装を怠っているのだ!と思ってよく見ると

20150727-6R0A0229

「無塗装けた」とあります。つまり塗装はしなくて良いんですねー。新日鐵OBのTさんによると、耐候性高張鋼板というらしい。鉄にもいろいろな製品があって、この鉄板はサビが深く浸食せず、むしろサビがコーティナング剤となって内部を守っているのです。
 この製品は北海道百年記念塔にも採用されているとの事で、小学校だったか中学校だったかの修学旅行にも行った記憶も無いけれど、厚別に行ってみました。

DSC09989

北海道百年記念塔は高さ100m、1970年完成。つまり45年も前です。

DSC09993

古いけど、なんだか重厚な感じ。残念ながら危険防止のため塔の直下や展望台は立ち入り禁止となっていました。

DSC09994

耐候性高張鋼板の威力はすごいですねー。ちなみに、市立病院のあたりのバンゴベの踏切のそばの鉄橋もこの鋼板のようです。

20150804-6R0A0393

※参照:新日鐵住金 COR-TEN耐候性鋼材