6月 222015
 

昨日21日は晴天でした。そんな中、もくもくとサクランボ雨よけハウスのフィルムかけをやっていました。私はほぼ一人でポリ張りを行なっていますが、地上4メートルの仕事ぶりをごらんください。

8秒に一コマのインターバル撮影ですが、むちゃむちゃ速いのでビデオ編集で1.5倍に伸ばして動画を作成しました。

5月 022015
 

 ミツバチを果樹園に入れて1日目の5月2日、気温は23℃を越えました。サクランボ開花期にこんなに気温が上昇したのは、何年ぶりなのだろう?サクランボは場所にもよるが、紅秀峰はほぼ満開直前となり、水門や佐藤錦なども一気に三部咲きとなった感じです。
 気温が上昇すればミツバチ達も活発に巣を飛び出してサクランボの花を訪れ、花粉とミツを集めていました。

wp2015-05-02-11

wp2015-05-02-12

wp2015-05-02-14

wp2015-05-02-13

8月 022014
 

2014-08-02-1

 本日8月2日、当園のサクランボは切り上げしました。
 平年並みに始まった今年のサクランボですが、7月の生育がいつもより進み結局早目の終盤を迎えることになりました。
 今年は、当園ではコルト台園のなり具合がイマイチで、また川原の畑の灰星病の蔓延などネガティブな状況もありました。しかし、7月の降雨がほとんど無かったため、露地の佐藤錦はほとんど収穫できました。
 一方、急速な生育の進みでミツの収穫遅れや、水門の不人気も重なって、せっかくの実を放置したままの樹も結構ありました。
 また、先週の日曜日は雨が降り、お客さんの入りが少なかったのもガッカリ要素でした。

2月 032014
 

 北海道果樹協会は、2月3日9時半より札幌南区で全道桜桃剪定講習会をひらきました。
 地元札幌を始め仁木町などまた普及センター等関係機関も含め約85名が来集しました。増毛町からは私を含め4名が参加しました。
 講師はいもつお世話になっている山形の軽部氏。実施したサクランボの樹は去年も講習に使った佐藤錦。
2014-02-03-1
 去年も軽部さんが手をかけてあるだけあって、今年の落とす枝は少ないです。
 この日の気温は、さほどではありませんでしたが、とにかく風が冷たく、ジーと見ている人には体感温度がドンドン冷えてきました。

 定山渓ビューホテルへ移動して昼食後、講義です。「桜桃の結実確保について」など去年のデーターを見ながら、考察しました。
2014-02-03-2
また、中央農試からはりんごやぶどう洋梨の品種特性や新品種の紹介などがありました。

7月 042013
 

7月3日は、風が強かった。増毛アメダスデーターによると約20メートルの台風並みの瞬間最大風速でした。雨に備えて佐藤錦の集中している畑にはあわてて雨よけハウスを被覆しました。ところがそのハウスに南風があたり、風当たりの強い一棟が引き剥がされてしまいました。なんとか、応急処置で対処したものの、深夜、4日の0:29には増毛アメダスデータには瞬間最大24.2南風を記録。
朝になって見に行くと、2棟のフィルムが片方によっていて、またほかにもアーチが20本ほどひん曲げられてしましました。

2013-07-04-1

ワイヤーを止めるフックも伸びていたり、すごいことになっている部分があります。

2013-07-04-2

この畑は以前にも何年も前の6月30日にも強風で被害があって、アーチを交換しています。立地が南風をモロに受ける場所であったり、強度やヒモのテンションなどの強風に耐えられなかった原因も考えられます。まぁ、それにしても強い南風が吹き荒れ、他の果樹園でも被害があったようです。

6月 172013
 

2013-06-17-1なんだかHP更新は薬剤散布のカミングアウトみたくなりました。Facebookでは毎日何かしら書いていますので、よかったらFafebookもご覧ください。

さて、さくらんぼですが、藪に面している園地にミバエの被害が見られました。また今後の降雨も予知されることから、殺虫剤と殺菌剤を臨機に散布いたしました。

【さくらんぼ】 5タンク
殺虫剤:スプラサイド水和剤 1500倍
殺菌剤:インダーフロアブル 5000倍


2013-06-17-2

5月 282013
 

 26日日曜日は気温が20℃を越え、27日は午後からうす曇になるも15℃以上を確保。今日も朝から18℃となっていて、サクランボは佐藤錦や水門が満開となっています。去年、全然出てこなかったミツバチは今年は勢い良く活動しております。樹幹下にいくと羽音がいっぱい聞こえてきますし、さくらんぼの花の香りも漂っています。

2013-05-27-1

2013-05-27-2

2013-05-27-3

なお、一番上の写真は、HBCテレビ北海道NES1で18:43頃の近藤肇さんのお天気コーナーで紹介されました。

8月 082012
 

本日、我が家ではサクランボの「切り上げ」となりました。後は最後のさくらんぼまで細々と営業です。
 今年は花時期の天候不順で成り具合が心配され、当果樹園発送用のコルト台の佐藤錦が不作となりました。しかし、他の園、露地の園などは多少の雨に当たったものの、ここ数年では収穫がなされ、露地ハウス共にまぁまぁの収穫を見ることが出来ました。
 6月の乾燥気味の気候や防除体系により灰星病が少なく、またショウジョバエの発生も少なかったことから、ハウス物は最後まで収穫できました。
 しかし、市場価格は低迷。直売所やサクランボ狩りのお客様は全体的に減少傾向のような気がしました。いわゆる「景気が悪い」です。
 世の中、節電節電と騒がれており、到底お金を使う気分になっていないのかも知れませんね。
 そんな中、増毛町ではフルーツ里増毛を全面に出し、PR作戦を展開中です。秋にはまたプレゼントなど企画中で、秋のじゃらんもお見逃し無く!